.

一般的に任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは異なり自賠責保険ではまかなうことが難しい補償をしてもらえる重要な保険といえます。78-11-35

これは任意保険。78-19-35

自動車損害賠償責任保険の上級保険ということで機能しますので自賠責保険で補える支払いの限界を上回ったときに役立ちます。78-4-35

それに、自賠責保険だけでは物に対する損害に対しては補償を受けることができないので、そこまで補う際には加入することが望ましいです。78-15-35

今現在任意保険を支払っている車を買い取ってもらう時は国産自動車あるいは外国の車ということは関係なく、残っている分が返金されます。78-2-35

これは国産メーカーの車を処分するケースについても例外ではありません。78-7-35

自賠責保険は普通は放っておくのが通例ですが任意保険は全員がかけるものではありませんから解約になります。78-3-35

そして、キャンセルしたあとは、現段階で 納めている残金が返還されるのです。78-18-35

車の取引が成立したと言ってもすぐに加入している任意保険を解除することはリスキーです。78-16-35

もちろん、早く契約解除するとその分返還されるお金は増加しますがもしかしたら自動車店が遠方にあるため、自ら運んで行くということになった場合には任意保険に入っていない状態で運転をすることになります。78-9-35

もしもの時を考えて絶対に今後自分で車の運転をすることはないと言い切れるまで任意保険のキャンセルの手続きはすることがないようにしなければなりません。

車を引き取ってもらってすぐさま違う車を購入する場合でしたら構わないと思いますが、もしも長い間車の運転をしないような状況が続き任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこうした任意保険未加入の時がある場合、前に続いていた等級が下がるので保険料の金額が上がります。

こういった状況は「中断証明書」というものを出してもらうようにする必要があります。

この「中断証明書」があることで10年まで遡って契約解除前の等級を引き継ぐことが可能です。

そして、13ヶ月以内は発行してもらうことができますので、今現在で自動車を売却済みで、「中断証明書」という書類を提示されてもらっていないのでしたらその保険会社や保険代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。

仮にまた車を買うことになって、買った後に以前保有していた車を買取に出すのならば、契約はどちらか一方のみの契約です。

任意保険の契約し直しという対応になるため、運転する予定のある所有車でしたら買取の際まで注意しましょう。

また、任意保険の保険料は車両で金額が大きく異なってきますのでクルマ引き取りの時は任意保険の保険料を見直すタイミングになるでしょう。



78-8-35 78-1-35 78-20-35 78-17-35 78-14-35