.

乗用車の【全損】とは名称通り自動車のすべてが壊れてしまう場合結果的に走行が出来ないような乗り物としての役をできなくなった状態で用いられますが、車の保険においての(全損)はちょっと同様ではない内容があります。車の保険の場合では乗用車が破壊された状態で〈全損と分損〉などと2つの状態振り分けられ、『分損』は修理費が保険金内でおさまる状態を表し、全損とは修復費が補償金の額を上回ってしまう場合を言います。一般的には、乗用車の修理で『全損』と言われると車の最重要のエンジンに重大な破損が存在したり自動車の骨格が曲がってしまったりして元に戻すことが不可能である為リユースか廃棄と決められるのが常識です。けれど、車の事故が起こって業者や自動車の保険屋さんがそのような修理の費用を計算した時に例え表面が綺麗で元に戻すことができる場合でも修理のお金が保険金よりも高ければそもそもなんで自動車の任意保険に加入しているのか分からないです。こういった状態では、全損として車の権利を自動車の保険屋さんに渡し保険額を貰う仕組みなっています。当然長い年月使用した自分の車で愛情があり自分のポケットマネーで修復して乗りたいと思う人は多くいらっしゃいますから状態にて自動車保険の会社と相談するといいでしょう。そして、 自動車の保険の中にはそのようなケースのために車両全損時諸費用補償特約などの『全損』の際に特約ついているところが多々あり万一自動車が全損となったケースでも新規購入など代金を一部分補償してくれる場面もあります。尚盗まれた際の補償額の特約をつけるならば、とられてしまった車が見つけることができないケースでも『全損』の扱いとなり、補償金が支払われることになります。